事業内容

養殖事業

琵琶湖産鮎を種苗に、養殖池にて鮎を育てています。
昭和32年、琵琶湖畔彦根において全国でも先駆けて鮎の養殖生産に取り組みました。高品質な鮎の生産に努め、以来「ブランド」として東京豊洲をはじめとした国内外のお取引様から高い評価を得ています。安全安心はもちろん、鮎独特の香りを備え、肉質が良く締まった、天然にも負けない味の鮎を育てています。

おいしい鮎を育てるこだわり

琵琶湖産鮎

養殖用の種苗に琵琶湖産鮎*を使用。琵琶湖産の養殖鮎は、人工的に卵から孵化させて育てた鮎と比べて、一般的に姿・形が美しく、ウロコが細かくなめらかで、骨や皮がやわらかいため食感に優れています。

* 琵琶湖産鮎はH19年に地域団体商標に登録されました。

ミネラル豊富な伏流水仕込み

地下300mより湧き出る日本名水百選、十王の水を含む鈴鹿山系の伏流水から汲み上げたミネラル豊富な良水を使い、比較的低温水で長期間(5~6ヵ月、一般的には4~5ヵ月)かけてじっくりと育成しています。

養殖池

河川上流部と同じ速さの流れを養殖池の中に作り出すことによって、無駄な脂が落ち、身が締まった、上品で淡泊な味わいを持つ鮎に仕上がります。分析結果でも、当店の鮎は一般的な養殖鮎に比べて脂肪分が半分近くも低く、天然鮎に非常に近い数値を表しています。

独自の飼料

脂臭さが少ない魚粉に、スピルリナというラン藻類やプロポリスを加えたオリジナルのエサを開発し、天然にも負けない香りのある鮎を育てています。

製造加工事業

佃煮をはじめとする水産物の製造加工をしています。手作りだからできることを大切にし、ひとつひとつに心をこめた商品づくりに努めています。また、琵琶湖からの恵みに感謝し、高品質で安全・安心な商品をお届けできるよう、継続的な品質改善に取り組んでいます。50余年で培った製法・技術を用いた、昔から変わらない優しい味わいに仕上げています。

飲食店事業

びわ湖でとれた小あゆやビワマスなどの湖魚、自家養殖場で大切に育てた鮎などの素材を用いて、こだわりの「鮎・湖魚料理」を提供する「彦根京橋店」と、厳選した国産うなぎを用いて、炭火とコクのあるタレでじっくりと焼き上げた、ひつまぶしを始めとする美味しい「うなぎ料理」を提供する「うなぎや源内」を展開しています。